GooglePlayカードをもっとも良い換金率で換金する現金化テクニック2選

グーグルプレイカードをナットク価格でキャッシュにする

GooglePlayギフトカードをGoogle Playストアで販売されている映画や電子書籍などの電子コンテンツが買えます。

多くの人が利用中のGooglePlayギフトカードですが利用しなかったり間違って買ってしまった、急にお金が必要になったなんてことがしばしばあります。

いらないなおもった時にはお金にしてしまった方がいいでしょう。

ここではグーグルプレイカードの現金化にしぼって、素晴らしい条件での現金の作り方についてご紹介します。

グーグルプレイカードの現金化の手法は2つのやり方

グーグルプレイカードの現金化方法はいくつかありますが、よりたくさんのお金を受け取る方法と考えると電子ギフト券買取サイトとオークションサイトの利用の2種類に限定されます。

買取サイトとはどのようなところか?

お分かりの方もいるかもしれませんがGooglePlayカードを高換金率で買取してくれる

一般的な買取サイトは古物商の許可を取るのが一般的です。それぞれの会社ごとの買取率で現金化が可能です。

1年中いつでも即日入金が特徴的で、急場でお困りの方や絶対にお金を用意したい場合の利用に向いています。

このようなありがたいサイトを利用し場合の現金を手にするまでの流れ

やり方はとても簡単で大きく分けて3ステップですべて終わり現金化されます。

買取の手続き

手続きしたい買取サイトから手続きの申し込み依頼をする。

GooglePlayコードを送る

グーグルプレイギフトコード(16ケタの英数字)業者へ送信します。

入金確認

業者がコード番号を確認してから20分から60分程度で約束した銀行口座へお金が入金されるのですぐにでも現金を引き出せます。

買取サイトを使うデメリット

買取サイトでの換金方法はどこからでも使えるとても理晩生のある方法ですが中には悪徳サイトと呼ばれる悪質な業者も存在しているので細心の注意をするべきです。

悪徳サイトで実際に起きた被害として「提示された換金率より低い入金だった」いつまでたっても振込が確認できない。

このような悪徳サイトの被害に遭わないためにもたくさんのサイトでおすすめのサイトを使うなど優良店を見極められるようにしましょう

個人間売買サイトとは?

マッチングサイトは、ヤフオクなどのオークションサイトの様に個人と個人の売買を仲介してくれるサイトです。

値段設定は相場をみて判断する必要がありますが誰も買わないような金額だとお金にすることができません。

急いでいない時や、買取サイト以外の色々な方法を使い現金にしたい時に有効です。

個人間売買サイトを使った現金化までの順序

申し込みの順序はだいたいですが3つの順序があります。

売買サイトにアカウントを作る

売買サイトで出品するにはアカウントを作る必要があるので、初めはユーザーアカウントが必需です。

出品する

出品準備が完了したら売買サイトの相場状況などを確認してから出品したいGooglePlayカードを売りに出します。

入金確認

登録したGoogleplayカードが購入者が現れたら成約確定は1時間程度でわかります。

購入されたと同時に、それほど時間がかからずに自分の銀行口座に手続き不要で入金してくれるサイトもあれば面倒ですが、出金申請を必ずしなければならないサイトもあります。

オークション、フリマサイトの知っておくべき注意点

オークション、フリマサイトは個人同士の取引が主になるため、金額が大きい取引になる様なケースは避けた方がいいかもしれません。

また、額面の金額次第では期待通りに落札に時間がかかるケースもあります。

あなたの興味のある買取手段を

現実的に便利で高換金率が実現できる2つの換金の方法を見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

申込から現金化までのスピードや電子ギフト券の金額や換金方法によりそれぞれに合った換金の仕方は異なります。

少しでも高く換金できるように自信のやりやすいやり方での換金手段を探してください。

今回の記事のおすすめのやり方が求めていた情報ならぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です