ケータイキャリアを利用して現金を作るするテクニック

携帯キャリア決済換金を具体的に紹介

今回の記事では携帯電話キャリア決済を活用して、電子ギフトカードを換金する手段をご紹介します。

携帯料金と一緒に払い

携帯決済を利用して、換金手続するには、携帯キャリア決済でギフト券を取得します。

そのギフト券を買取してもらい、キャッシュにするという手法です。

そして、獲得した、ギフト券の決済は次回の携帯代金と一緒に支払いすることになります。

各キャリアの携帯決済の限度額

携帯キャリア

DoCoMo

au

Softbank

日本では、90%以上の方々がこの3社のいずれかをご利用されています。

そして、各携帯会社ごとに限度額が設定されていて、個人によっても、限度があります。

docomoの携帯キャリア決済の利用範囲

DoCoMoまとめ払い限度

DOCOMOの携帯キャリア決済、DoCoMo払いは月に10万円までの枠です。

2018年3月までは、限度額が、5万円まで、または、契約年数によって限度額が決まっていました。

Docomo携帯の利用状況に応じてご利用できる限度額に個人差がありましたが最大で一律10万円までの利用上限になりました。

auの携帯決済の限度

auかんたん決済利用額上限

AUの携帯キャリア決済、AUかんたん決済は月々、最高で、10万円の限度額となっています。

Docomo同様、ご使用状況により、限度は個人で異なりますが最大で10万円まで限度をご使用出来る可能性ががあります。

ソフトバンクの携帯決済の枠

Softbank携帯キャリア決済限度額

ソフトバンクの携帯決済、SoftBankまとめて支払いは、月に最大で10万円まで枠があります。

SoftBank以外にも、Y!モバイルがSoftbankまとめて支払いを使用する事が出来ます。

利用額上限は10万円までご利用可能ですが、携帯の使用状況によって、利用額上限は変わります。

携帯キャリア決済で現金化取引を行う時はこれまでのアマゾンギフト券からiTunesカードを利用する様になりました。

しかし、amazonギフト券のほうが、iTunesギフトカードよりも還元率がものすごく高く設定されています。

可能であれば、携帯決済でamazonギフトを購買して換金したいですよね。

携帯決済を使用して90%以上で現金化する換金手法

携帯決済を使って90%以上で換金する手段は各携帯会社で発行している、「プリペイドカード」を利用する事です。

各携帯会社で発行されている電子プリペイド券を活用してアマゾンギフト券を取得すれば、90%以上での現金化取引が可能となります。

各携帯会社では、実はプリペイドカードを制作しています。

Docomoだとdカード プリペイド

auだとau WALLET

softbankだとSoftbankカード

ご自身が利用している携帯会社で発行されている、夫々のプリペイドカードを活用すれば、90%以上で現金化取引が可能です。

携帯各社が発行しているプリペイドカードは、前払い式のデビットカードの様な性能を持ったカードです。

夫々のカードは、あらかじめ現金をチャージする事で買物ができる様になるんです。

このカードでアマギフを購入すれば90%以上の現金化も可能です。

携帯キャリア決済 まとめ

本記事では携帯キャリア決済の仕組みと現金化取引を行う場合のお得な現金化手段を紹介しました。急場の資金調達のやり方としてはありがたいですね。

プリペイドカードをチョイスする手法はかなり便利で役に立つものです。

なるべく高い現金化を実現するためには高価換金が出来る、買取ボブを利用して安心な換金取引を実現して下さい。

安全で安心な携帯キャリア決済換金が出来るでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です